書評

教育部

【書評】歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣/湘南乃風 SHOCK EYE

今回紹介するのは『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣 』です。この本を知ったきっかけは「ダウンタウンなう」にSHOCK EYEさんが出演されたことです。湘南乃風は知っていたのですが、メンバーの事は怖そうな人たちとイメ...
教育部

【書評】投資家みたいに生きろ 将来の不安を打ち破る人生戦略/藤野英人

今回紹介するのは『投資家みたいに生きろ 将来の不安を打ち破る人生戦略 』です。藤野さんは「ひふみ」シリーズで有名なレオス・キャピタルワークス株式会社の社長です。本書を読んでみようと思ったきっかけは帯にサラリーマン気質から抜け出す思考と習慣...
健康投資部

【書評】ケトジェニックダイエット 糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる!/斎藤糧三

今回紹介するのは『糖質制限+肉食でケトン体回路を回し健康的に痩せる! ケトジェニックダイエット 』です。テレワークやステイホームで太ってしまい、何か良いダイエット方法はないかと探していた時に見つけたのがこのダイエット法です。 糖質制...
教育部

【書評】タニタの働き方革命/谷田千里

今回紹介するのは『タニタの働き方革命 』です。会社でも「働き方改革」という言葉をよく聞くようになって、多少なりとも変わったような気がするけど、それでも大して変化はしていない…そんな風にモヤモヤしている時に見つけたのが本書です!タニタと言え...
教育部

【書評】志村流/志村けん

今回紹介するのは『志村流 (王様文庫) 』です。世間がコロナで混乱している中、悲しいニュースが飛び込んできましたね。このニュースを見て、テレビで見る志村さんがどのようなことを考えて、これまで仕事をしてきたのか知りたくなったのが、本書を手に...
教育部

【書評】SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル/ジョン・Z.ソンメズ

今回紹介するのは『SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル 』です。この本は僕の考え方のルーツにもなっています。ソフトウェア開発者であれば、一度は読んでいただきたいし、プログラミング教育が必須になった現在ではソフトウェア...
教育部

【書評】ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく/堀江貴文

今回紹介するのは『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく 』です。本書は2000年代の前半、時代の寵児と呼ばれたホリエモンが出所後に書いた最初の本です。2013年に出版された本をなぜ今更?と思うかもしれませんが、人にオススメするにあ...
教育部

【書評】君たちはどう生きるか/吉野源三郎

今回紹介するのは『君たちはどう生きるか 』です。著者である吉野源三郎さんは児童文学者です。そのため、本書は本来、子供たちに向けた哲学書であり、道徳の書なのです。色々な経験をしてきた大人だからこその気づきもたくさん見つかると思います。 ...
教育部

【書評】たった一人の熱狂/見城徹

今回紹介するのは『たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫) 』です。僕が著者である見城さんを知ったのはサイバーエージェントの藤田さんが紹介していたからです。調べてみるとあの幻冬舎の社長!幻冬舎の本は面白いものが多く、よく読んでいたので覚えています...
教育部

【書評】転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方/moto

今回紹介するのは『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 』です。motoさんを知ったのはTwitterがきっかけでした。本業より副業の方が稼いでいるのに、いまだにサラリーマンやっているのはなぜ?そこには僕が理想とするサラリーマン...
教育部

【書評】苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」/森岡毅

今回紹介するのは『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」 』です。4月1日は新入社員がドキドキしながら入社する日です。きっと会社を選ぶのにも苦労したことでしょう。あなたは会社を選ぶ時にど...
システム部

【書評】沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘/松尾茂起

今回紹介するのは『沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘 』です。本書はホームページやブログのことが分からない人にも分かりやすくするための工夫が多くちりばめられています。631ページもありますが、マンガ風に書かれている...
システム部

【書評】沈黙のWebマーケティング Webマーケッター ボーンの逆襲/松尾茂起

今回紹介するのは『沈黙のWebマーケティング Webマーケッター ボーンの逆襲 』です。本書はホームページやブログのことが分からない人にも分かりやすくするための工夫が多くちりばめられています。495ページもありますが、マンガ風に書かれてい...
教育部

【書評】ルーキー・スマート/リズ・ワイズマン

今回紹介するのは『ルーキー・スマート 』です。本書を知ったきっかけはメンタリストのDaiGoさんが推薦していたからでした。4月から新しい環境で生活する人も多いと思います。そんな人たちにルーキーだからこそ、得られるものがあるということを知っ...
教育部

【書評】俺か、俺以外か。 ローランドという生き方/ROLAND

今回紹介するのは『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方 』です。ROLANDって誰?ってなりましたでしょうか。僕もあるお笑い番組を見るまで知りませんでした。ROLANDは現代ホスト界の帝王と呼ばれている人で、「ローランド名言」はメディ...
教育部

【書評】天才はあきらめた/山里亮太

今回紹介するのは『天才はあきらめた (文庫) 』です。2019年に女優の蒼井優と結婚したことでさらに知名度を上げた著者。最初はなんで?と思いつつも笑いにあふれる結婚会見を見ると、なるほどと思わされました。 天才はあきらめたposte...
教育部

【書評】人生、余裕で生きる極意 今日から「心の達人」になれる本/武田双雲

今回紹介するのは『人生、余裕で生きる極意 今日から「心の達人」になれる本 (単行本) 』です。武田双雲さんはNTTに就職後、書道家になった異色の経歴の持ち主です。「書の力」というブログもやっていますので気になった人は是非! 人生、余...
教育部

【書評】神メンタル「心が強い人」の人生は思い通り/星渉

今回紹介するのは『神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り 』です。著者は「心を科学的に鍛える」ことをモットーにしています。そのため、心理療法やNLP(神経言語プログラミングの略称で別名は「脳と心の取扱説明書」)、認知心理学、脳科学の視...
教育部

【書評】神トーーク「伝え方しだい」で人生は思い通り/星渉

今回紹介するのは『神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り 』です。著者は「心を科学的に鍛える」ことをモットーにしています。そのため、心理療法やNLP(神経言語プログラミングの略称で別名は「脳と心の取扱説明書」)、認知心理学、脳科学の...
教育部

【書評】カイジ「したたかにつかみとる」覚悟の話/木暮太一

今回紹介するのは『カイジ「したたかにつかみとる」覚悟の話 』です。『カイジ』は自堕落な日々を過ごす主人公がギャンブルの世界にのめりこんでいくという人気漫画です。藤原竜也さんで映画化もされています。本書はカイジの経験を通して現実社会に活かす...
タイトルとURLをコピーしました