いびき防止対策はこれで決まり!手術とグッズとお酒を検証

健康投資部
悩んでいる人
悩んでいる人

寝るときにいびきをかくらしく、いびきを抑える方法はないでしょうか?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • いびきの原因
  • いびきの治療
  • いびきの実験
ようさん
ようさん

僕もいびきをかくのでその気持ちはよく分かります。
僕の経験から対策まですべてお伝えしましょう!

いびきの原因

まずはいびきの原因を知りましょう!

いびきは上気道が狭くなることで起こる現象です。

上気道とは?

鼻の入り口から声を出す声帯までの空気の通り道のこと。

いびきがなぜ寝る時しか起きないかというと、寝ることで眠ると全身の筋肉がゆるみ、のどの筋肉の緊張が無くなり、振動しやすくなるからです。

それでは、いびきをかく人と、かかない人がいるのはなぜでしょうか?

それはブタの鳴きまねにヒントがあります。

いびきとブタの鳴きまねは同じ仕組みで、のどちんこ(口蓋垂)とその上の軟口蓋といわれる部分を振動させることで起きます。

ブタの鳴きまねをする時、口を開けていませんか?

つまり、音を鳴らすには口を開けている必要があるのです。

睡眠時にいびきをかく人と言うのは、口呼吸になっていることが多いのです。

いびきの治療

いびきの原因が口を開けて寝ることで、のどちんこあたりが振動して起きるということが分かりましたね。

これを治療することは可能なのかと言うと、結論だけ言えば可能です。

その名も「のどちんこの切除」と「鼻へレーザー照射」手術。

僕はこの手術を数年前に受けたことがあります。

のどちんこの切除

え!?のどちんこを取っちゃうの?

いきなりでびっくりするかもしれませんが、取っちゃいます。

のどに麻酔をした後、切除自体は数分で完了です。

入院の必要もなく、日帰りですみます。

切除中は苦しさも特に感じなかったので、これでいびきから解放されると思ったのですが…

鼻へレーザー照射

この手術はいびきだけではなく、花粉症の患者にも有効だそうです。

鼻の粘膜をレーザーで焼くことで、気道を確保します。

レーザーで焼いているので花粉症にも反応しなくなるのだとか。

たしかに鼻で息するのがこんなに楽なのかと驚いたものです。

しかし、この手術、一生モノではなく、ある程度の時間が経過すると元に戻ってしまいます。

結論

のどちんこの切除はやらないほうが良いです!

のどちんこはなくても良いものという説明を受けましたが、そんなことはありません。

僕はのどちんこが無くなったことでむせやすくなりました。
切除した後も、そこにあったものが無くなった違和感が1~2年間はありました。

肝心のいびきはどうなったかというと、多少軽減されましたが、まったくなくなるということはありませんでした。

ちなみに、のどちんこがなくなったことで、僕はブタの鳴きまねが出来なくなりました。

いびきの実験

いびき対策グッズはたくさんあります。

その中のどれが効果あるのか?

僕は「いびきラボ」というアプリを使って実験してみました。

ノーマル状態(仰向け、酒なし、グッズなし)

いびきスコアは49です。
これを基準にいびき対策グッズを使用した時、お酒を飲んだ時を比較していきます。

グッズ1:ブリーズライト(仰向け、酒なし)

グッズの1つ目は「ブリーズライト」です。

鼻で息はしやすくなりましたが、スコアは48でノーマルとあまり変わりませんでした。

口呼吸が癖になっているのでしょう。

グッズ2:ナイトミン(仰向け、酒なし)

グッズの2つ目は「ナイトミン」です。

いびきスコアは28でノーマル時の半分くらいになっています!

酒あり(仰向け)

最後にお酒を飲むといびきがひどくなるのか?

この日は日本酒を4合くらい飲んだのですが、ノーマルの倍くらいになっています。

まとめ

いびきの実験により、お酒を控えて口呼吸をなんとかすれば、かなり抑えられることが分かりましたね。

いびきはこのようなアプリを使わないと自分では分からないものです。

朝起きた時にうるさくて眠れなかったと言われてしまえば、楽しい旅行も朝から憂鬱な気分になってしまいます。

逆にいびきを気にしすぎて眠れないなんてことにも…

今のところの僕の結論はいびきをゼロにすることはできないので、アプリで原因分析をして、その原因を抑えるようにしています。

いびきが半分になるだけでもだいぶ違うそうですよ?

タイトルとURLをコピーしました