ズボラでも出来た!月給4分の1貯金の家計簿術

財務部
悩んでいる人
悩んでいる人

無駄遣いをなくそうとしているのですが、家計簿はめんどくさくて出来ません…

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • ようさん流家計簿とは?
  • 家計簿の使い方
  • 家計簿の分析
ようさん
ようさん

家計簿をつけようと思い、挫折を繰り返した末にたどり着いた家計簿術です。今のところこれがベストですね。

ようさん流家計簿とは?

まず初めに僕が使っている家計簿をお伝えします。

特別なことは何もなくて「Excel」で管理しています。

もしかするとこれからお伝えすることは「マネーフォーワード」とかの家計簿アプリを使えば出来るのかもしれません。

なので、そんなアプリは使いたくない!って人だけ読み進めてください。

僕が使っているのはこのような形式の家計簿です。

今回はサンプルのため、適当な項目の設定になっています。

この項目を個人ごとにカスタマイズしていくのですが、僕の場合はこのような形になります。

次に使い方を見ていきましょう!

家計簿の使い方

1.支払方法を入力しよう

僕の家計簿の考えとして、極力めんどくさくなくて、手入力はしたくない!

特にレシートを貰うなんてめんどくさすぎる!

「Zaim」というアプリを使えば、レシートの項目をある程度は抽出できるのですが、それでも毎回カメラでレシートをパシャッとすることがめんどくさい。

たまにレシートから項目が抽出できなくてイライラするし…

なので、この家計簿では取引履歴が残る支払方法をメインに使っていきます。

その支払い方法を「FFF」に記入します。

僕の場合は、「楽天カード」、「PayPay」、「ビュー・スイカカード」の3つ。

楽天カードの場合は明細をCSVでダウンロードできるので、メインは楽天カードにしています。

CSVが使えると入力する手間がかなり省略できるのです!

PayPayはアプリで、ビュー・スイカカードはネットで取引履歴が確認できます。

ただ、CSVでダウンロードできないので、ここは手入力になります。

2.収入と支出の項目を入力しよう

次は「AAA」~「EEE」になっている項目を入力します。

考え方として、支出を大きく4つに分けています。

家賃などの固定費、月によって金額が変動する変動費。

その変動費をさらに消費、浪費、投資の3つに分けています。

固定費家賃などの月の金額が変わらない支出
変動費(消費)生活するために必要な支出
変動費(浪費)娯楽などの生活に潤いをプラスするための支出
変動費(投資)未来への投資のための支出

僕の場合は以下のような項目を使っています。

固定費家賃、電気、水道、ガス、インターネット、モバイル、その他
変動費(消費)食費、日用品、医療、美容・衣服、交通費、チャージ
変動費(浪費)コンビニ、酒、娯楽、その他
変動費(投資)ビジネス、本、健康、その他

ここまで入力したらその項目に金額を当てはめていくのですが、Excelには自動で計算してくれるように関数を組み込んでいるのでCSVをExcelにピタッとコピペするだけです。

PayPayとビュースイカカードは手入力しないといけないのですが、10件もないので手間ではないですね。

家計簿の分析

僕の方法では以下の計算式で1/4以上の残金がなければ見直しが必須としています。

収入-(固定費+変動消費+変動浪費)

変動費(投資)を含めていないのがポイントです!

現金として手元に残ることだけが良いことではないですからね。

1/4貯金法で有名な本多静六氏もタンス貯金にしていたのではなく、そのお金を投資に回していたのです。

さて、見直す場合のポイントをお伝えします。

4つに分類した 固定費、変動費(消費)、変動費(浪費)、変動費(投資)のどこに問題があるのかを分析していきます。

僕の場合は 固定費→ 変動費(浪費)→変動費(消費)→変動費(投資)の順に確認しています。

確認する順番は自由です。

固定費

固定費の中でも「電気」と「モバイル」は見直す価値があります。

僕のスマホの月額の利用料は3000円です。

楽天モバイルに変更する前までは1万円くらいでした。

ネットの速度がちょっと遅くなったかな?という程度なので助かっています。

次にも問題になるのが電気。

電気は季節によって金額が大きく変わる項目です。

今は電力自由化により選べる会社が増えましたので、自分のライフスタイルに合った会社を選べば料金が安くなるかもしれません。

ちなみに僕の問題の1つでもあります。

僕が利用している楽天でんきでは、このように使用量を確認できるのですが、飛びぬけて電気を使っている日が何日かあるのです。

これで電気料金がいつもの倍くらいいっているので調査しているところです。

変動費(消費&浪費)

ここは一概にこの項目を削った方が良いとは言えないところでしょう。

僕の浪費の中でお酒の割合が多いのですが、飲めない人にとってはそんなことにお金を使うのか!と意味が不明だと思うからです。

なので、僕の問題の2つ目を紹介します。

消費にチャージという項目はEdyやSuicaのオートチャージに使った金額です。

そして、浪費にあるコンビニはまさにコンビニで使った金額です。

この2つの項目、取引明細からは何使ったのか分からないのです…

これらについては利用を控えるか、レシートを保存しておくしかないかなと考えています。

変動費(投資)

ここは未来でその金額を回収するつもりがあるか、ないかで判断しましょう。

健康のためにジムに行っていたのですが、あまり効果が出ないため、解約しようかと考えています。

まとめ

支払方法別、支出を固定費、変動費(消費)、変動費(浪費)、変動費(投資)の4つに分類することがポイント。

この分類をすることで、自分の性格が見えてくるし、どの項目を節約すべきかが見えてくる。

今だけではなく、未来についてもどう考えているかが分かる。

ABCash
タイトルとURLをコピーしました