【中卒高卒】家から出ないで学位を取得したい!そんなワガママに応えるサイバー大学

勉強
悩んでいる人
悩んでいる人

通学をせずに学位を取得することは可能なのでしょうか?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 特修生:中卒からの大学入学
  • 正科生:学位の取得を目指す人
  • 学部:IT総合学部の3つのコース
  • サイバー大学:メリットとデメリット
ようさん
ようさん

通学ができない理由はいろいろありますよね。
そんな人にむけた通信制の大学を紹介します。

特修生:中卒からの大学入学

高校を卒業していないと大学に入学ができないと思っていませんか?

サイバー大学には特修生という制度があり、高校卒業資格や高卒認定試験に合格していなくても大学卒業資格を目指すことができるのです。

それならわざわざ高卒認定試験に合格しなくてもいいのではと思いますよね。

高卒認定試験に合格すると次のような権利や効果を得られます。

  • 高等学校を卒業した人と同等以上の学力があるとみなされる
  • 大学(短期大学、専門学校を含む)の入学試験の受験資格を得られる
  • 地方自治体や一部の民間企業の就職試験に応募する際に、高校卒業と同等に扱われる

注意が必要なのは「高校卒業と同等」というところです。

つまり、同等であって、履歴書の最終学歴が高卒になるわけではないのです。

メリットがないように思えますが、ちゃんとメリットはあります。

高卒認定試験が必要になるのは、短期間で通学生の大学に入学したい人です。

学位を取得することが目的であれば通信制の大学の方が費用を安く抑えることができ、時間も効率的に使えるのでオススメです。

サイバー大学の特修生となった場合、大学が指定する科目を16単位以上修得する必要があります。

その後、正科生へと転籍が可能になります。

正科生としての出願資格要件
  • 正科生として入学を希望する年度の4月1日時点で 18歳に達していること
  • 特修生として1学期以上の期間本学に在籍し、本学の指定する科目を16単位以上修得済であること

正科生:学位の取得を目指す人

正科生とは学士の学位(4年制大学卒業資格)の取得を目指す人を意味します。

通信制の大学の卒業要件は通学生と変わりません。

卒業要件
  • 原則4年以上在学していること
  • 卒業に必要な単位を124単位以上習得していること

通信制だからといって早く卒業できるわけではないのです。

これは「学校教育法」という法律で決められていることで、サイバー大学以外でも同じことです。

通信制大学のメリットは入試がないことです。

あらためて勉強しなくても、入学願書を出せば入学することが可能です。

それでもついていけるか不安だと思う人向けに「リメディアル科目」という大学での学習に必要な基礎知識を補うための、無料の補習科目が用意されています。

学部:IT総合学部の3つのコース

サイバー大学には3つのコースがあります。

「テクノロジーコース」
「ビジネスコース」
「ITコミュニケーションコース」

サイバーと言う名前がつくだけあって、ITに関係するコースが多いですね。

というのもサイバー大学の教育目的が次のようになっているからです。

一般生活や事業活動において社会基盤となりつつある情報通信技術の基礎知識から利用技術を身に付け、技術革新に即したITの実践的価値観を養い、ビジネス原理に基づく経済価値の創造への適用を探求することを教育研究目的とする。

引用:サイバー大学の大学案内より

難しそうだと感じましたか?

職業がシステムエンジニアと答えるだけで頭が良さそうと言うイメージを持たれるくらいです。

ですが、小学校の必修科目に「プログラミング」が追加されたように、プログラミング的思考は実生活においても役に立つと思います。

サイバー大学で僕が学んでみたいのはこんな感じです。

  • Pepper入門 ~ロボットの現状と未来~
  • 資産運用実践論
  • 人工衛星入門 ~宇宙の総合エンジニアリング~
  • 恐竜古生物学
  • 暮らしの中の物理学
  • ゲームの歴史と未来
  • 日本人はテレビをどう食べたか?ー制作現場からのテレビ映像論ー
  • 講談の世界
  • 「使いやすさ」の心理学 ~デザインとユーザビリティ~

この科目に惹かれたのであれば、サイバー大学で学ぶ選択はありですね!

サイバー大学:メリットとデメリット

メリット

サイバー大学のメリットは2つあります。

1つ目はなんといっても通学が不要なこと。

通信制の大学は「学校教育法」 で30単位以上を面接授業またはメディア授業で取得しなければいけません。

面接授業の場合、1日~3日程度通学しなければなりません!

しかも、面接授業を受けられる場所は決まっているため、交通費も宿泊費もかかるのです。

サイバー大学はそれをすべてメディア授業にしています。

メディア授業とは?

インターネットを利用する環境が整っていれば、好きな時間、好きな場所で授業を受けることが可能

2つ目は大学の卒業率です。

サイバー大学の卒業率は80.3%です。

卒業しやすいと言われている産業能率大学でも留年しないで卒業する率は73.9%、慶應義塾大学にいたっては3.0%です。

僕の場合は学位を取得することが目的でした。

日本はまだまだ学歴社会です。

転職する場合も4大卒であることが条件になっていることが多々あります。

なので卒業のしやすさというのは重要な指標だったのです。

おまけに今だとタブレットが無料で貰えます。

ただし、機種や色は選べませんよ!

デメリット

サイバー大学のデメリットは1つあります。

それは学費がちょっと高いこと。

サイバー大学に4年間在籍した場合の学費は293万8千円です。

産業能率大学は4年間在籍した場合の学費は84万円です。

これにスクーリング費用等が別途かかりますし、留年した分だけ学費が必要になります。

サイバー大学の場合は留年しても学期ごとに2万8千円(学籍管理料:1万2千円、システム利用料:1万6千円)かかるだけです。

まとめ

中卒でも特修生という制度を使えば大学へ入学することが可能。

高卒認定試験は短期間で通学生の大学に入学したい人向け。

特修生から正科生へ転籍することが可能。

通信制だからと言って通学生より早く卒業できるわけではない。

ただ、入試がないというメリットがある。

サイバー大学には3つのコースがある。

サイバー大学ならではの面白い科目もあるので、興味がある人は是非確認してみてほしい。

サイバー大学のメリットは、通学不要と卒業率の高さ。

サイバー大学のデメリットは、学費が他の通信制と比べて少し高い。

サイバー大学
タイトルとURLをコピーしました